総入れ歯とは?特徴から構造・素材・治療費まで解説

総入れ歯ってなぁに?
歯を失うと、お口周辺の組織に影響を与えます。特にすべての歯を失った場合はなおさらのこと。噛む力はもちろん、発音や飲み込む力、顔貌(お顔の見た目)にも影響します。
入れ歯を入れることは、歯がある状態のお口の働きを取り戻すことにつながります。歯を失う前と変わらない笑顔で、イキイキとした毎日を送りませんか?入れ歯がお口の状態にぴったり合うと、食事や会話など、毎日の生活が快適に過ごせるでしょう。


総入れ歯の特徴

総入れ歯ってなぁに?
総入れ歯(全部床義歯)は上下顎[じょうげがく]、あるいは上顎[じょうがく]・下顎[かがく]どちらかのすべての歯を失った方が装着する入れ歯です。
総入れ歯は床(義歯床)と呼ばれる歯ぐきの部分と、人工歯から構成されています。
床が粘膜に吸着することで入れ歯を安定させ、人工歯を通じて噛む感触を顎の骨に伝えます。


総入れ歯の構造・素材について

総入れ歯の構造・素材について
保険診療の範囲内で作製される総入れ歯の床はプラスチックでできています。プラスチックを更に詳しく解説すると、ポリメチルメタクリレートと呼ばれるアクリル樹脂です。非常に透明性が高く艶やかで健康的な歯ぐきの色調に近づけます。
また、人工歯は硬質レジン歯と呼ばれるプラスチックや陶材で作られた陶歯(セラミック)から構成されています。金属の歯を用いる場合もあります。
なお、自由診療の入れ歯の場合は種類が豊富です。例えば入れ歯の床の一部分に金属を使用することで入れ歯の厚みを薄くし、違和感を軽減させることも可能です。


入れ歯の「歯ぐき」の役割とは?

入れ歯の「歯ぐき」の役割とは?
入れ歯の大部分を占める「床」は歯ぐきに吸着して、入れ歯を安定させる大切なパーツです。床の表面はツルツルと滑らかになるまで丁寧に磨き上げられています。舌や唇や頬といった周囲の組織と調和して自然で美しい見た目を作りだすほか、入れ歯の表面に細菌が付着することを防ぎます。


入れ歯の「歯」は自然に見える?

入れ歯の「歯」は自然に見える?
人工歯とは、天然の歯の代わりに人工的に作製されたものです。前歯は天然の歯ように自然で美しく見えるよう審美性を追求し、奥歯はしっかり噛むことができるよう機能性を重視して作られています。入れ歯を作製する際は、人工歯は様々な色調や形態があり、性別やお顔の形、年齢などの様々な要素から、調和のとれる人工歯を選択します。
通常は歯科医師や歯科技工士が患者さんのお口のバランスを見て、患者さん一人ひとりに合う人工歯を選択しますが、もし、歯の形や大きさ、色調などにこだわりがある場合は事前に担当の歯科医師に相談すると良いでしょう。

総入れ歯の費用について

総入れ歯の費用について
総入れ歯は健康保険が適用されます。健康保険の割合が3割負担の場合、片顎(上下どちらか)で10,000円~15,000円程度です。
なお、現在(平成30年)の健康保険制度の負担額では、69歳までの方は3割負担、70~74歳の方は2割、75歳以上の方は1割です。(所得によって負担額が異なります)


自由診療でつくる、総入れ歯とは?

自由診療でつくる、総入れ歯とは?
自由診療の入れ歯とはズバリ、保険適応外の入れ歯のこと。治療費が高額になる場合が多いですが、その分、「こだわりの入れ歯」を作ることが可能です。
既に保険の入れ歯を使っていて入れ歯の良し悪しを分かっている人に選んでいただきたい、こだわりの入れ歯があるのです。
自由診療で作る入れ歯は言わば、素材や噛み心地にこだわったより質の高い入れ歯。あなただけのオーダーメイドの入れ歯が作製できます。


あなたはどのタイプ?自由診療でつくる、総入れ歯の種類

あなたはどのタイプ?自由診療でつくる、総入れ歯の種類
自由設計の総入れ歯はどのような種類があるのでしょうか。
ライフスタイルや用途に合わせた様々な入れ歯をタイプ別ご紹介します。
マグネットの磁力を利用した吸着力の高い入れ歯です。
金属を使用した薄くて丈夫な入れ歯です。熱の伝導性に優れています。
生体用シリコーン(ポリジメチルシロキサン)を使用した柔らかい入れ歯です。
イボクラ社が開発したフルオーダーメイドの入れ歯です。天然の歯に近い審美性と機能性が特徴です。
インプラントを入れ歯の土台にした安定感の高い総入れ歯です。


気を付けたいお口のトラブル

気を付けたいお口のトラブル
お口のトラブルの中には、「虫歯」や「歯周病」がありますが、総入れ歯をお使いの方は「口内炎」が起こりがちです。
入れ歯に付着した細菌によって引き起こされる場合もあるため、入れ歯は清潔に保ちましょう。お口の中を清潔に保つことは、口臭やその他の全身疾患の予防にもつながります。
ここでは総入れ歯と口内炎に関するお口のトラブルについてご紹介します。


(C) Medical Net, Inc. All Rights Reserved.